20180116

写真撮影のマナーについて。撮られたくない人は撮りたい人にどう伝えるのがよいのか

金沢へ行ったとき、近江町市場に少し寄った。事前にもらってあった金沢のまち歩きマップに「写真撮影はお店の人に許可をとるべし」と書かれていて、金沢には写真嫌いの人が多いのかもと思った。私も自分の顔やものの写真を撮られて無断でSNSなどに投稿されるのは嫌いなので、その気持ちはよくわかる。

近江町市場に行ったら、「市場で買ってはいけないものが1つだけあります。それはひんしゅくです」「写真を撮るときはお店の人に許可を得ましょう」といったようなコピーが書かれたポスターが通路に置かれていた。加えて、カメラに赤でバツが付けられたマーク、それから「NO PHOTO!」のマークが激しく並んでいた。やっぱり金沢の人は写真を撮られるのが相当嫌なのかと思った。

20180106

ウーマンラッシュアワーの漫才のこと

社会の問題を語るとき、まじめにするとうまくいかない。しらけられたり、「げ、難しい話来たぞ」と身構えられたり、ケンカにもなりかねない。建設的な議論にはユーモアや笑いの要素が必要だと思う。しかし、社会の問題がこれだけあるというのに、日本のお笑いでは社会の問題を語る人が少ない。

風刺も笑いの一つの形式だが、日本のお笑いのネタではほとんどお目にかからない。音楽の世界や映画の世界には言いたいことを表現するアーティストが出てきているが、お笑いの世界にそういうアーティストがいないのはさみしい。とくにテレビなど、マスメディアでは、政権やスポンサー企業に都合のわるい話は避けられる傾向にあることはわかる。それでも気骨のある芸人さんは登場しないものなのだろうか。

そう思っていた矢先、ウーマンラッシュアワーというお笑いコンビがフジテレビの「The MANZAI」という番組で社会問題を語ったネタを披露してくれたことを、映画監督の想田和弘さんのツイッター投稿で知った。