20171023

restart

公開を前提に何かを書いて、意味があるんだろうか、もっと自分に向いていてやるべきことがあるんじゃないだろうか、と思いはじめ、しばらくここに書くことをお休みしていました。10月22日の衆議院選挙の結果を受けて、書くことは自分にできることの一つだから、また書いていこうと思います(もし見に来てくれていた方がいたら、突然しばらくお休みしていてごめんなさい)。

私が書いたところで、インパクトは大きくないかもしれない。あまり頭がキレるわけでもない。すでに優れた言説を簡潔に話している人はたくさんいる。そんなことを考えたりして、しばらく書けずにいたのですが、そういう優れた人たちの言説は関心のある人にしか届いていないかもしれない、私が書くことで、もっと届けるべき人のところにチャネルが(細くても)開かれるのかもしれない、そう思ったので、また書いていけたらと思いました。

ドイツの総選挙の感想を聞いたら、投票率は80%くらいで、その高さの理由を尋ねたら「特別なことはないよ。盛り上がらない選挙でも、投票しない人は、政治に何も言えないという意識があるだけ」という返事が返ってきたという話を、BuzzFeedJapanの古田大輔さんのツイッター投稿で読みました。