20150621

我の拡張

【旧暦皐月六日 芒種 梅子黄(うめのこきばむ)】

ああしろ、こうしろ、と、相手の考えや状況、背景、事情を聞かずに、指図をする人がいる。私はそれをしてほしくないと言っているのに、「私が○○してやる」としつこく親切の押し売りをしてくる人がいる。

こういう人に困っている話をすると、それは私への「愛」だと、だから「感謝しろ」とよく言われる。言われるたび、「そうかなぁ?」と違和感を感じてしまう。

「愛」とは違う感じがして、どちらかと言うと「征服欲」に似ている気がするが、「愛」ではないと言い切れなくて、ずーっとモヤモヤしていたら、しばらく経ったある日、ふと「我(ガ=ego/self)の拡張」という文字が頭の中に浮かんできて、「ああ、そうか!」とすっきりした。

「我の拡張」と「愛」とは明確に区別しなければならない。

「愛」が何なのか、まだすべてがわかったわけではないが、少なくとも「愛」ならば、相手の自由を侵すものではない。相手の思考の自由と行動の自由を押さえつけたり、妨害したり、萎縮させたりするものではない。そうでなければ「我の拡張」である。

「我の拡張」とは何か。自分が自分の意志によって好きにできる領域を「我」と定義するならば、その領域を他者の「我」の範囲にまで拡張することを、私は「我の拡張」と考える。自分の「我」を大切にしたいのと同様に、相手にも「我」がある。自分の「我」、すなわち領域を大切にされたいのと同様に、相手も相手の領域を大切にしてもらいたいと考えている。これを侵す過度の親切、助言、忠言、命令は「我の拡張」でしかない。

具体例を一つ挙げると、私に法律上の結婚をして相方の苗字に変えろと言ってきた人があった。彼は初対面の人間で失礼極まりない話なのだが、私は自分の苗字が好きであるし、戸籍の名前と仕事の名前が異なるのは仕事上ややこしいし、現状の法律婚という制度には満足がいかないし、どちらの両親もそれで納得しているし、変えるつもりはないと言った。すると、彼は相方に矛先を変え、それなら相方が私の苗字に変えろと言った。私が自分の苗字が好きで変えたくないのと同様に、相方も自分の苗字が好きであるから、自分がしたくないことを相方にさせる道理はない。私は彼にそう言ったのだが、入籍時に新しい苗字を作った知人の例を引き合いに出して、同一の苗字にすべきだと言い張り、そう思う根拠を述べなかった。

私の名前というのは、私の「我」の領域に属するものなので、わかりやすい例だと思う。彼は「夫婦が同じ苗字を名乗ること」をよいものと思っている。根拠はあるのかないのかわからない。彼がよいものと考えるものは彼の「我」の領域に属するものである。これを私の領域に拡張して、私の名前を変えさせようとしたのである。これは「我の拡張」にほかならない。

これがもし、「愛」に基づいた助言であれば、例えば、事実婚にしていて困ったことが起こった人の事例など、私が持っていないかもしれない判断材料を与え、判断は私に任せるはずである。我の領域を明確に認識し、言い換えれば、あくまでも決める権限があるのは「私」であるという認識があり、私を納得させるような、私が行動を変える気になるような、根拠や理由、それを支える事例や事実を提示するのが、「愛」に基づいた助言である。

助言に当っては、領域を明確に認識しておかなければならない。私はこう考える、あなたはこう考える、違っていてもそれでよい。一つに統一する必要はない。どちらかが正しいと決める必要もない。同じ行動をとらなければならない場合など、例外もあるだろうが、基本的には、お互いの違いを認め合うことができればそれでよいのだと思う。(余談だが、Mr. Childrenの「掌」にもこのことが歌われている部分があり、辛いときはこの曲を聞く)

我の拡張は、同族意識にも見受けられることがある。自分が属している集団、自分が親しみを持つ人間、自分がよしとするもの、これらを他人に認めさせようとしたり、これらと異なる考え方や意見を悪いものと決めつけて合わせさせようとしたり、といったことである。

先日、おもしろいことをしている知人の話をある人に紹介する機会があった。彼女は似たようなことをしていると、彼女の友人の話をした。私はその素晴らしさを認めた上で、彼女の友人の今後の参考になればという気持ちもあり、知人の具体的な取り組みを紹介した。すると彼女は、私の知人の良い点には全く興味を示さず、自分の友人のほうが、私の知人よりもいかに優れているかを滔々と話し始めた。終いには「絶対に私の友だちのほうがおもしろい、なんでそう思わないの?」と言うのだった。

これは、彼女の「我」の領域を、彼女の友人にまで拡張した事例である。自分が同族意識を感じている人物を、私に認めさせたいというその気持ちは、自分が認められたいと思うのと同程度になっていて、自分と友人の領域が統合されている感じがした。問題なのは、彼女がその友人の領域に自分の「我」の境界線を重ねていても、その友人が彼女と領域を同じようには感じていない可能性があることだ。そんなふうにされたら、その友人自身は迷惑を感じる場合もあるだろう。なかには「自分はこんなに友人のことを賞賛しているのに、彼女は私のことを私ほどは賞賛してくれない!」と怒る人もいて、二者間での我の領域のズレやひずみがこうした形で生じるのだと思う。

彼女の場合は、自分がひいきにしている店や、続けている習慣、食べ物の好みなどにも、我を拡張しているようで、彼女が好きそうな店を紹介しても、関心のありそうな健康や食事の話題を提示しても、先の知人に対してと同じように、いかに自分の知っているもののほうが優れているかを語るので興味深かった。彼女の好きなものを「知ってる?」と聞かれて、私が「知らない」と答えると、「なんで知らないの!信じられない!」と怒られたのにも仰天した。

自分が親しみを感じる人やものを他人にも同じように認めさせたいという欲求を、その人が親しみを感じている人やものに対する「愛」であると主張する人もいる。しかし、これは全く別のものである。所有欲求や征服欲求に近いものであって、「愛」ではなく、「我の拡張」である。あるいは、自分がいいと思うものを相手にも知ってもらいたいという相手への「愛」であると主張する人もいる。だが、もしこれが「愛」であれば、自分が良いと思っていること、大切に思っていることを知らせるのみで、相手に認めさせる、相手の行動を変えるように指図することまではしないはずだ。

我の拡張をしてくる相手が、自分の領域を侵すのを許してはならない。「愛」と勘違いをして受け入れると、どんどんアイデンティティを蝕まれる。自分を通すことが、信念を通すことができなくなってくる。自分がどんどんわからなくなっていく。エネルギーを吸い取られて、しぼんでいってしまう。「自己」もしくは「個」を失う恐れがある。もちろん、逆も然りで、助言や手助けをするときには、自分も他人の領域にまで我を拡張してはならない。

「我の拡張」と「愛」は、明確に区別されなければならない。

20150618

種を残す風景

【旧暦皐月三日 芒種 梅子黄(うめのこきばむ)】

先々週、自転車で走っていたら、自分の家で種を採る自家採種の風景を近所で発見。

大根の種の結実風景
『タネが危ない』という本を読んで以来、日本の種の問題には心を痛めていたので、こういう光景を見るとほっとします。

ここのおうちの畑では母体選抜(一番りっぱなものを選んで種採り用に残す)をして、倒れて芽が出ないように支柱も立てていました。やっぱり、種は買ってくるものという農家さんが多いので、あまり多くは見かけない光景です。次世代に種を残す大根の老年期の姿はあまり見かけることがないので、なんだか感動的でした。


20150615

お医者さんが書いた『医者いらずの食』という本

【旧暦卯月廿九日 芒種 腐草為蛍(くされたるくさほたるとなる)】

ビレッジバンガード系列のNew Styleというお店に、ベジタリアンだったり、マクロビだったり、オルタナティブ系な暮らしの本と品物の特集コーナーができていました。イオンの中にあるお店で、こんなにコアな本が並んでいるとは、とちょっとびっくり。ひときわびっくりだったのがこの本で、連れて帰ってきました。

医者いらずの食 (veggy Books)


20150612

カンパーニュ

【旧暦卯月廿六日 芒種 腐草為蛍(くされたるくさほたるとなる)】

仏生山にお気に入りのパン屋さんがある。パンの値札には、すべて手書きでパンの名前と説明が書かれている。朝食にパンを食べる時間が、材料を育ててくれた「農家さんに想いを馳せる時間になれば」という気持ちが書かれた食パンの値札を見て、ますますすてきなパン屋さんだと思った。パンももちろんおいしくて、風呂通いで仏生山温泉に行くと、ついつい寄ってしまう。

その値札を書いている人は、字の感じから推測してたぶん、パンを焼いている人だろうと思っている。普段は厨房でパンをこねている。接客をしてくれる人はほかにいるが、客が来店するたび、また退店するたび、顔をあげて挨拶をしてくれる。若く見えるが、立派な心がけの人だなぁと、その姿を見るたび思う。

先月、風呂通いの帰りに寄ったときのこと。謝るということについて、見習いたいなと思う出来事があった。

会計をしてくれた女の人が、「この前はカンパーニュ、切れなくてすみませんでした」と申し訳なさそうに言ったので、一緒に行った相方と二人、きょとんとした。帰り道、「なんで謝ってくれたんだろう?」と考えていて、前回行ったときのことを思い出した。

いつもは要望があればスライスして売っているカンパーニュが、この日はもともとスライスして袋に入っていて、相方に「今日は切れてるのあるけど、買う?」と言って、トレイに載せたのだった。前回行ったときもカンパーニュを買い、混んでいたのでスライスは頼まなかったのだが、そのときのことを思い出して、「本当は切ってほしかったんだなぁ」と察して謝ってくれたようだった。

こちらは全く怒ってもいなかったし、頼んだことをやってくれなかったというわけでもないのに、悪かったな、と思って謝ってくれるなんて、そんな人はなかなかいないと思った。悪いことをしたのがわかっていても、相手が怒っていなければ謝らなくてもいいやと思っている人、相手が悪事に気づいていなければセーフだと思っている人、過失であって悪意がなければ謝る必要はないと思っている人、自分が不利にならないようにと謝らない人、そういう人たちは結構多い。相手が怒っているからととりあえず形式的に謝っていて、自分が何をしたかを反省いない人もいる。

相手に「怒ってる?」と聞くくらいだったら、自分はこういうことをして、あなたにこういう害を与えたかもしれないことを悪かったと思っている、と謝ったほうが、いい関係を続けられるのではないかと思う。相手に嫌な思いをさせても悪意でなく過失であれば謝らなくていいなんていうのは、ひき逃げして「わざとじゃなかったので」と謝らないのと同じではないか。

なにか良くない状況が起こったとき、100%落ち度のない関係者はいないことがほとんどだと思う。自分も悪かったんだしと思って謝ると、もっと落ち度の大きい相手が謝らないで、謝ったほうが悪者にされてしまうこともある。だから、相手のタチをよく観察して、用心しながらにはなるが、このパン屋さんの女の人みたいに、「悪かったな」と思ったら、すぐに心を込めて謝れる真心のある人間でありたいと思った。


20150609

麻炭豆乳ヨーグルトのその後

【旧暦卯月廿三日 芒種 蟷螂生(かまきりしょうず)】

三宅商店さんのブログを見て、仕込んでみた麻炭ヨーグルト。20℃前後で30時間という説明の通り、30時間くらいでばっちりヨーグルトになりました。

これに豆乳を継ぎ足していけば、ずっとヨーグルトが食べられるようです。うちはぷくぷくにする菌が多いみたいで、2-3回継ぎ足したら、すぐにプクプクになってしまい、あんまりヨーグルトっぽくないのですが、これはこれでどぶろくみたいで気に入っています。ちゃんと固めたかったら、湯煎したり、ヨーグルトメーカーを使ったり、35℃くらいを8時間保つことで、ヨーグルトっぽく固まるそうです。

このどぶろくチックな麻炭豆乳ヨーグルトをオーガニックのグラノーラ「エルサンクジャポン 有機シリアルビオミューズリープレミアム」(フルーツたっぷりでお気に入り)と一緒に食べるのが、我が家のブームになっています。余談ですが、このグラノーラ、最寄りの普通のスーパーに売っていて、オーガニックで砂糖不使用。時代の変化を感じます。

お隣さん(移住ともだち)に「麻炭ヨーグルトできたよー」と持って行ったら、「えー!私も玄米ヨーグルト仕込んであったのー」と豆乳ヨーグルト交換に。軽く洗った玄米を豆乳に入れても、ヨーグルトになるそうです。作り方の書かれたブログを教えてもらったので、こちらをご参照ください→natural salt cafe: 玄米豆乳ヨーグルト (ほかの記事も興味深くて引き込まれました)

プクプクになっていて、食べてみるとシュワシュワするので、パンもできるんじゃない?と思い立ち、小麦粉300グラムと混ぜてこねてみたら、やっぱりぷくーっと膨らみました。前の日に炊いてあったレーズン餡(砂糖の代わりにレーズンで甘みをつけたあんこ)を入れてアンパンに。



ヨーグルトとパン酵母が同時に仕込めて、一石二鳥です。豆乳を継ぎ足すだけでものすご~く簡単で助かっています。いいこと教えてもらったな~。

そうそう、近所の本屋さんで「豆乳グルグルヨーグルトで腸美人」という本を見つけました。玄米豆乳ヨーグルトの作り方と、料理への利用方法がもりだくさんに載っていてとても参考になりました。

ちなみに、今のところ豆乳臭さがなくて気に入っている無調整豆乳は、気に入っている順に、1. イタリア産有機大豆のSOY DREAM、2. マルサンの有機豆乳(無調整)、3. イオンのショップブランド「トップバリューグリーンアイ」の有機無調整豆乳です。

国産で有機栽培で放射能汚染のないことがはっきりわかる豆乳があれば一番なのですが(大豆は放射性物質が入りやすい食品のひとつです)、現状手に入らないので外国産(2と3は産地がアメリカと中国)です。

アメリカと中国は遺伝子組み換え大豆の作付が認められているので、混入のリスクを少しでも避けたい場合は、作付が認められていない&表示規定の厳しいヨーロッパ産の1.イタリア産有機大豆のSOY DREAMをおすすめします。

放射能に化学物質に遺伝子組換えに・・・、本当にいろいろ考え合わせないと安全な食べ物が食べられない変な時代ですね。自分で作るのが一番ラクに安心を手に入れる方法かも。豆乳もいずれは自給を目指したいです。

20150607

麻炭パウダーで豆乳ヨーグルト

【旧暦卯月廿一日 芒種 螳螂生(かまきりしょうず)】

音楽家で日本アーティスト有意識者会議NAU代表・三宅洋平さん三宅商店のブログで、麻炭豆乳ヨーグルトの作り方が紹介されていました。「これの作り方覚えたら、ヨーグルトは自分で作るのが常識になること必至」の言葉に、早速作ってみることに。

作り方は三宅商店さんのブログをご参照ください。
麻炭豆乳ヨーグルトの作り方

麻炭の説明は三宅商店さんのページをご参照ください。

麻炭はもともと家にあったので、すぐ取り掛かれました(ちなみにアマゾンでも買えます)。


レシピでは酵母のエサに黒糖を入れていますが、相方が歯が痛むのが心配と言うので、はちみつで代用することにしました。岐阜県の養蜂家さんのはちみつと麻炭を混ぜ混ぜ。


いきなりレシピの倍量で大丈夫か?と思いつつ、600ccの目盛りまで、豆乳を注いで、再び混ぜ混ぜ。目盛り付きの耐熱ガラスのタッパー、計量カップいらずで便利です。そのまま蓋もできるし。耐熱なので、生地を中で混ぜてそのまま蒸し器にかけたりもしています。


20℃程度で30時間ほど置いておくとできるそうです。できあがりが待ち遠しいです。うちの気温は22℃くらいだったので、ちょっと早くできるかも。

なんで麻炭なんて変わったものが家にフツーにあったかというと、炭が体内に入った放射能の除去に効果があると聞いて、東京に住んでいたときにたくさん買ってあったからです。竹炭よりも多孔質で吸着力が高いという麻炭。喉が痛いときに里芋粉湿布に混ぜて貼ると痛みが引いたり、浄化力の強さを感じています。

香川に移っても、放射能を測っていない東日本産の食べ物は結構あるし、「国産」とだけ書かれていて何県産かわからないものが多いし、海産物も、汚染水が流されているのに大丈夫なのか測っていないからにはわからないし、こっちでも知らず知らずのうちに放射能を食べてるかもな~と、ときどき麻炭を食べています。食べ物に含まれている化学物質も、近所でまかれている農薬も、身体に入っているだろうし。

またできあがりを報告します~。

*続編です→

20150606

ライブアース松山2015へ

【旧暦卯月廿日 芒種 螳螂生(かまきりしょうず)】

二十四節気は今日から芒種。稲や麦など芒(のぎ)を持つ穀物の種まきをする時期という意味だそうです。我が家では苗代にまいた稲の成長を見守っているところです。

先月のこと、ライブアース松山へ行ってきました。電車だと前泊しないと開始時間に間に合わない感じでしたが、お隣さんが車で連れて行ってくれたおかげで、日帰りで楽しめました。

四国最大級のエコイベントで今年が8年目とのこと。ピースフルなかんなりいい感じの雰囲気でした!東京ではしょっちゅうこういうイベントごとに遊びに行っていて、香川に来てからはオーガニックもフェアトレードも身近にはあまりなくなってしまい、こういうイベントを渇望していたので、遊びに行けて心が潤いました。

田中優さんのお話も聞けて勉強になりました。戦争が一番の環境破壊、戦争関連で出る温室効果ガスのほうがはるかに多く、戦争をなくせば、温暖化問題はかなり解決に近づくそうです。いい子ちゃんの環境活動だけやっててもだめで、悪い子扱いされる平和運動もやらないと、効果が少なすぎるという指摘に、私もできることをやらないとな〜と思いました。

蓄電池が安く生産できるようになったり、廃棄される運命だった蓄電池に東北大学の先生が開発した粉をかけると新品同様に再利用できるようになったりなど、技術が世界を変えていくというお話からもインスピレーションをもらって、社会をよりよく変える技術や仕組みを調べて発信していくのもおもしろいかな~と思いました。

会場の堀之内公園のお堀には白鳥が。



もっと進むとかわいい白鳥の赤ちゃんがいました。多くの人々がカメラを熱心に向けていました。

20150603

レーズン酵母パン

【旧暦卯月十七日 小満 麦秋至(むぎのときいたる) 満月01:19】

まだ少し寒かった4月のこと。ひさびさにレーズンで酵母を起こして天然酵母パンを焼きました。火鉢では初めて。思ったよりもふくらんで、お花みたいなかたちになりました。火がゆるやかなせいか、ガスよりももっちりとよく膨らんだような気がします。


うちのレーズン酵母はテキトーです。オイルコーティングなしのオーガニックレーズンをガラス瓶に入れて水(竹炭で浄化したり、煮沸して湯冷ましにしたり)を注ぎ、暑すぎず寒すぎずのところに置いておきます。分量もテキトーで、なんとなく水とレーズンの比率が見た目の高さで2:1になるくらい。一日に一回くらい瓶をあけて空気を入れ替えして、瓶をゆすり、また蓋をして置いておくと、2~3日くらいでぷくぷく泡が出てきます。レーズンが浮き上がったら完成です。

そのまま粉にじゃーっと混ぜてこねるストレート法のほうが香りが良いです。ストレート法は結構レーズンがじゃんじゃん減ってしまうので、コスト削減のため、小麦粉をマヨネーズくらいのかたさになるくらい入れて箸や木のスプーンで混ぜ混ぜして、ぷくぷく膨れるまでおいておき、かけつぎして使うこともあります。冷蔵庫に入れておけば2週間くらいいつでもパンづくりに使えるらしいです。冷蔵庫のない我が家では毎日のようにパンを作って、使った分だけ粉を足して継いで行っています。

パン作りは以下の本を参考にしています。
・『中島デコのマクロビオティック パンとおやつ』・・・柑橘類、レーズン、酒粕の酵母と楽健寺酵母の起こし方とストレート法のパンづくりが掲載されています。オーブンで焼くやり方だけなので、フライパンで焼くやり方は以下↓を読んで覚えました。
・『ポリ袋で作る天然酵母パン フライパンや鍋で手軽に焼ける』…一次発酵のことと、オーブン以外での焼き方がわかりやすくてよかったです。酵母の起こし方は書かれていなくて、ホシノ天然酵母を使ってのパンづくりについて書かれています。(この本では、フッ素加工のフライパンを使っていますが、フッ素加工は危ないらしいのでオススメしません。我が家では、及源鋳造さんの南部鉄器のフライパンを使っていますが、まったくこびりつかなくて良いです)
・『うわっ、ふくらんだ!リンゴ、ブドウ、ジャガイモ、玄米…で自家製天然酵母のパンづくり』・・・暮らしのリズムに合ったやりかたを見つけて実践されている方々が登場します。気軽にできるものなんだな~、やってみようかな~と思わせてくれた本でした。
・『酵母ごはん―暮らしにしみ入るおいしさ』『新しいごはん―野生酵母でつくるレシピ』・・・ほかにはどんなもので酵母ができるんだろう?と思っていたときに出会った本です。素材ごとの酵母の起こし方と、パン以外の活用方法も書かれています。